恵泉女学園大学大学院人文学研究科文化共生専攻修了
時事日本語学院専任講師(韓国)、ダイナミック・ビジネス・カレッジ、恵泉女学園大学等の非常勤講師を経て現在、学習院大学大学院人文科学研究科日本語日本文学専攻博士後期課程在籍中

主要著書・論文など:
  • 「コーパスを用いた日本語母語話者の複合動詞の使用実態調査-日本語教育への応用に向けて-」『日語日文学』第47輯(大韓日語日文学会 2010)
  • 「複合動詞の教育についての提案-日本語母語話者の複合動詞の使用実態調査に基づいて-」『恵泉アカデミア』第15号(恵泉女学園大学 2010)
  • 「初級日本語教育における語彙教育の現状-日本語教師のインタビューから-」『恵泉アカデミア』第16号(共著 恵泉女学園大学 2011
  • 「複合動詞における文法化の一考察 ―「~切る」「~過ぎる」「~出す」を例に―」『日英語の文法化と構文化』(共著 ひつじ書房 2015)
  • 「『YNU書き言葉コーパス』から見た複合動詞の使用実態:日本語母語話者と中国人学習者との比較」恵泉女学園大学『紀要』29 (2017)
研究分野:
日本語学・日本語教育
現在の関心領域:
複合動詞・文法化